スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
             

教則本 

どのような教則本を用いるか…は
個人差があり型どおりには運びません。
教則本を使うことで伸びる人も伸びにくい人も存在します。

相談と生徒さんの読譜能力や私自身の経験値から考慮の上
テキストを決定させていただきます。
一応基本的に用いるテキストを書き出しておきました。

基本的に…ですからね(笑)
まず初心者の方には

次に

そんでもって
どんどん進めば


こんな感じに進めると…理想的です♪
まぁ、まずたやすくはいきませんが^^;

音符がまったく読めなかった人でも
何とかなるモンです。
五線譜の玉の位置もいちいち数えなくても場所を覚えるようになるのかも。
(この位置だからソとか、ここはミとか)
要は視覚的なことですから(笑)

努力でカバーできますので
健闘を祈ります♪


             

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。