スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
             

解消といえば・・・ 

時々それは人対人のコミュニケーションの過不足で起こるそれを
ストレスというならば

その解消法は
私にとっては…これですね

パート1はアドリブ用とまぁ普通バージョン(これも作られているけど)
結構遊べる。
熊蜂の飛行(リムスキーコルサコフ)なども吹きやすくアレンジされていて
若干…物足りないが
繰り返すが…一人で遊べるのだ。笑

初見で挑んだときの期待感と、ワクワク感と、挫折感との、
ちょっとした意気消沈加減の按配が非常によろしいようで…
アルテの2巻以降とかシュミッツの2巻以降(廃盤ですが)
ケーラーの1巻以降なら楽しめるかな…?

フルートレパートリー ジャズスタンダード名曲選(3) 模範演奏&カラオケCD付き アドリブ不要

生徒さんとよくその話になるのですが
「私にとってちょうどいいテキストはどれでしょう?」

ちょうどいいテキストはないかもしれない
ちょっと難しいと思って初めて挑む価値がある

ま、難しすぎて挫折するというパターンもありですが
それはそれ。時間が経ってやる気になる本を未来形で置いておくのも
夢があっていいなぁと思います。

なので、
私のところに来られる生徒さんには必ずうかがっています。
「何か吹きたい曲はありますか?」
それがバッハのソナタだろうが、無伴奏組曲だろうが
モーツァルトのソナタだろうが、パッヘルベルのカノンだろうが
「いつか吹きたい曲」のリストとして掲げておくことが大事なのです。


それが絶対に上達する早道だと今でも私は信じています。笑

古い??


             

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。