スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
             

熱意 

「一生懸命練習してきました」

そんなこと口に出さなくても
ちゃんと伝わってきます。

もちろん口に出してもらってもわかりやすくてOKです(笑)

何に気をつけてどう考えながら練習をされたのか
なぜその練習ではできるようにならないのか
じゃ、どんな練習をすればできるようになるのか
一度できたことをまぐれにしないで、「技術」として
習得するにはどうしたらいいのか、

そんな話をレッスンの時にします。
具体的に言葉で伝えることもあるけれど
フルートの音色で伝えることもある
身体と身体を共鳴させて伝えることもある
ご自身の音を指摘して伝えることもある

レッスンの仕方は千差万別です。
レッスンをしながら自分でもはっきり自覚をしているわけではないのですが
どう伝えるのが一番わかりやすいか、感じながら、伝えている気がします。

そのコミュニケーションはこれ以上ないくらいの密度だと思います。

マンツーマンのレッスンでなければなかなかできないことかもしれません。

フルートって吹いてみたいな
私にもできるのかしら
何かに一生懸命に向き合ってみたいな
もっとフルートうまくなりたい。。


動機も千差万別でしょう

一緒に学べる友!大募集中です♪
(とはいえ、不定期レッスンのみしか募集できませんが)

暑い夏をやり過ごして
何か新しいこと…はじめませんか?

pearlgreens.jpg



             
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。